最新の週刊ベースボールがスマホで読める! 今なら31日間0円

ベストナインってどんな意味?ゴールデングラブ賞との違いもご説明!

プロ野球はシーズンが終わると成績が数字で出てきます。その数字により各タイトルの表彰がされます。例えば、本塁打、打点、打率、盗塁などはそれぞれの順位が出されます。

その他にも選手表彰として、ベストナインやゴールデングラブ賞などがあります。なんとなくその意味も分かる人もいるかとは思いますが、今回はそんな2つの選手表彰であるベストナインと、ゴールデングラブ賞について意味や違いまとめてみました。

野球ファンの方には復習になるかも知れませんが、改めて確認頂けたらと思います。

ベストナインとは?

べストナインとは言葉からも連想されるように、ポジションごとにそれぞれ選手を選んで表彰する賞になっています。

野球は9つのポジションなのでベストナインという言葉にもなっています。ベストナインの選出方法は記者投票となっており、記者がそれぞれのポジションで1名記載して選出し、その中で最も票を得た選手がベストナインということになります。

ちなみにパ・リーグは指名打者制をがあるので、指名打者としてベストナインは10名選出されるようになっています。

ゴールデングラブ賞とは?

ゴールデングラブ賞はベストナインとは似ていますが、その賞の名前の通り、その年に安定した守備をした選手を表彰する賞になっています。

選出方法はベストナインの選出方法と同じで記者による投票で行なわれます。そこで一番票数が多い選手が各ポジションでの賞を得ることになります。

野球はどちからと言えばホームランやヒットなど打つ方が目立つので、この様な賞も守備が売りの選手には喜ばれる賞ですよね。

また選ばれた選手は、実際に使用していたグローブの型をした、金色の革製トロフィーが贈られます。

過去に印象に残った受賞選手をピックアップ(ベストナイン編)

野村克也 選手

野村克也さんは、指導者としても非常に優れているまさに超野球と言えると思います。選手時代は捕手として長きにわたり活躍していました。そのベストナインの回数は19回と最多回数選出となっています。

野村克也さんと言えば、打撃力も素晴らしく三冠王も獲得している程です。ですからかこれだけ多くの、ベストナインを獲得しています。

大谷翔平 選手

大谷翔平選手は2018年からメジャーに挑戦し、投手と打者の両刀としてその存在感を表してくれています。そんな大谷翔平選手も日本ではベストナインにも選出されています。

そして2016年は珍しく、投手と指名打者で選出され最多同時ポジション選手者としても新たな記録を作りました。二刀流として成功してこその同時ポジション受賞ということになります。

過去に印象に残った受賞選手をピックアップ(GG編)

高橋由伸 選手

高橋由伸さんは、2016年から2018年まで選手からいきなり巨人の監督を若くして務めました。プロに入団したときから打撃はもちろん、外野手としても安定した守備を見せてくれていました。球際に強く、ケガを恐れないダイビングキャッチでいくつものピンチを防いできました。高校時代に投手をしていたこともあり、強肩も魅力的ででした。

高橋由伸さんは入団1年目からの最多連続受賞記録を持っています。その記録は入団した1998年から2003年の6回獲得しており、入団から6年連続獲得した記録を持っています。

立浪和義 選手

立浪和義さんは名門・PL学園から中日ドラゴンズに入団し、シュアな打撃と安定した守備が特徴の選手でした。「ミスタードラゴンズ」というあだ名までついています。内野手のポジションであればどこでも卒なくこなすのが、立浪和義さんです。立浪さんは個人最多受賞ポジション数を獲得しています。

そのポジションは3ポジションで(2塁手:3回、3塁手:1回、遊撃手1回)獲得しています。本当に器用な選手でしたよね。