最新の週刊ベースボールがスマホで読める! 今なら31日間0円

高校野球はなぜ坊主なの?理由や歴史を紐解いてみる。

学生スポーツの中で人気が高いのは野球、サッカー、バスケットボールなどが挙げられます。

高校野球は夏のお盆休みの中で行なわれており、多くのファンが甲子園球場に駆け付けます。高校生のひたむきなプレーが見ている人を熱くさせてくれるのが人気の要因の一つですよね。

そんな高校野球は100年以上の長い歴史がありますが、参加している選手の多くは坊主姿で礼儀などもしっかりしている印象がありますよね。ただ、「何で全員坊主なの?」って思う方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな高校野球の選手の髪型(坊主)の理由や歴史などをまとめてみました。

高校野球はなぜ坊主?

高校野球をしている人は、丸坊主姿がほとんどなので、「なぜ全て坊主にしなければいけないの?」「高校野球連盟などでルールが決まっているの!?」など思う人もいるかも知れません。

ですが、別に連盟や規定で決まっているわけではありません野球部のルールとして決めている学校がほとんどだと思います。やはり、高校野球の一つの目標は甲子園出場というのがあります。限られた高校野球生活の中でその場に出場できる学校は僅かです。

ですから、そこに向かい3年間熱い気持ちで野球に取り組むための表現として坊主姿が多くなっていることが一番の要因だと思います。

いつから坊主になったのか調べてみた

ではいつから坊主が当たり前になったのか調べてみましたが、いつからというのが明確には記されていませんでした。ですが、私が高校野球を知る限りではずっと坊主だと思います。昔の写真を見ても、やはり坊主でした。

坊主じゃない高校も出現している!今後はどうなっていく?

2018年の第100回甲子園記念大会には56校の学校が出場しています。テレビなどで観戦していてもほとんどの学校が坊主ですよね。ですが、今回出場している学校でいくつかは坊主ではない学校もあります。

北北海道代表の旭川大高校、北神奈川県代表慶応義塾高校、茨城県代表土浦日大高校です。この3校はスポーツ刈りの選手もいますが、普通の高校生っぽい選手も多く選手として出場しています。旭川大高校は2017年の春から坊主を禁止にしているようです。

このように近年では坊主を強制的にすることで野球をやりたくないという高校生も多くなりはじめているので、その歯止めをかけるためにも考え方を変えていっている学校も出始めています。確かに坊主じゃなきゃいけない理由ってあまり無いですよね。もちろんプロも坊主じゃないですし。

時代の流れを考えても上記のような学校がもっと増えてくることは考えられますが、個人的には学校の規則に反していなければ、問題ないと思います。野球人口がますます減っていく一方で、このような風潮で野球を諦める学生は多いと思いますし、そのような理由で高校野球の道を閉ざしてしまうのは、非常にもったいないと思います。