最新の週刊ベースボールがスマホで読める! 今なら31日間0円

プロ野球のダブルヘッダーとは?2019年からルール改正も!

ダブルヘッダーは、近年あまり行なわれていないので、若い世代の野球ファンの方でもあまり知らないという人もいるかも知れません。何となく言葉の意味から解釈はできるかも知れませんが、一日に2試合野球の公式戦を行なうことをダブルヘッダーと言います。

真剣勝負のプロ野球ですから、首脳陣も選手も2試合行なうとなるとかなりの体力の消耗もありそうですよね。今回はそんなダブルヘッダーについて、意味や歴代の試合についてまとめてみました。

プロ野球を見る上では、今後も行われる可能性はあるかもしれませんので参考までに知っておくと良いかも知れません。

また、2019年からダブルヘッダーの仕様が少し変わりました。

ダブルヘッダーとは?

ダブルヘッダーとは1日に2試合試合を行なうことを言います。基本的には同一球場で同一チーム同士が行なうケースが多いです。ですが、相手チームが入れ替わる場合は変則ダブルヘッダーとも言います。

近年はドーム球場も増えたことで雨天中止等が昔に比べ、格段に減りました。プロ野球は年間試合数が決められています。基本的にリーグ優勝や順位が決まった後も消化試合として行なわれます。

ですから、その試合数をこなすために限られた期間内で試合が行なえない場合に、ダブルヘッダーを行なうということがあります。ですが、1試合3時間くらいかかるので、2試合ともなるとかなり選手の体力も消費しますよね。

印象的な歴代ダブルヘッダーの試合を確認

ここでは印象的なダブルヘッダーの試合を紹介していきます。

1988年10月19日 ロッテ対近鉄 川崎球場

昔からプロ野球を見ている人であれば絶対知っているダブルヘッダーの試合が10.19です。

リーグも終盤戦で、近鉄は西武と首位争いの最中でした。このダブルヘッダーで近鉄が2連勝すればリーグ優勝で、1試合でも負けか引き分けで西武の優勝が決まるというダブルヘッダーでした。

その様な話題性もあり、川崎球場は超満員となりました。また、第2試合の途中から急遽全国的にテレビ放送などもされ、かなり注目されました。第1試合は7回を終え近鉄が3対1で負けていましたが、8回、9回に意地を見せなんとか4対3で勝利し、後1勝のところとなりました。続く第2試合は近鉄からすると残念なことに引き分けてしまいました。

9回を終え引き分けの場合は基本的に12回まで延長戦は行なわれるルールでしたが、当時は「試合開始から4時間を経過した場合は、そのイニングをもって打ち切り(ただし8回完了前に4時間を経過した場合は、9回終了まで続行)」という規定があったため、残念ながら10回で試合が合わってしまうという幕切れでした。

この時のダブルヘッダーは本当に見応えがあった試合と言えます。

1998年10月10日 横浜対中日 横浜スタジアム

実はこの年が最後のダブルヘッダーが行なわれた年でした。1998年と言えば横浜ベイスターズが日本一に輝いた年でもありますよね。

雨天決行などが多く重なり、ダブルヘッダーが行なわれています。ちなみにパ・リーグも1998年10月9日に西武対オリックスでダブルヘッダーが行なわれたのが最後になっています。

ダブルヘッダーに関するエピソード

ダブルヘッダーについて調べていましたが、なんと驚くことにMLBでは過去に3回のトリプルヘッダーが行なわれたことがあるようです。

1890年代に2回と1920年に1回です。さすが、アメリカ「自由の国」という印象でしょうか。

現代では考えられないですよね。さすがに現在はアメリカの労働基準法によりトリプルヘッダーは禁じられているようです。

2019年からダブルヘッダーの仕様が変更

プロ野球における、ダブルヘッダーの仕様が少しだけ変更になりました。

2試合目の試合開始時間の間隔が第1試合終了「20分後」から「30分後」に変更になりました。

第1試合が終わったらすぐに試合をすることにも驚きです!