最新の週刊ベースボールがスマホで読める! 今なら31日間0円

【2019年度版】坂本勇人選手の使用しているグローブやバット、年俸を調査!

どうも、グッズマニアです。

今回は東京読売ジャイアンツ所属のスーパースター・坂本勇人選手が身に着けているグローブ、バットなどの野球用品や推定年俸などをリサーチしました。

坂本勇人 選手のプロフィール

坂本選手のプロフィールを簡単にご紹介します。
坂本選手は1988年12月14日生まれで兵庫県伊丹市出身です。
昆陽里タイガースで野球を始め、その時のチームメイトは現NY.ヤンキースの田中将大投手がいました。
高校は青森県の光星学院高等学校(現在は八戸学院光星高等学校)で、甲子園出場は当時は青森山田高校が非常に強く、3年春の選抜大会の一回のみでした。
2006年のドラフトでは愛工大名電の堂上直倫(現・中日)の外れ1位で指名されます。
 
入団当時のの背番号は「61」です。
3年目の2009年シーズンから現在の「6」を着用しています。

プレイスタイル

坂本選手は右投げ右打ちで、各項目の特徴については下記をご参照ください。 

打撃

所属チームのジャイアンツでは主に1番or3番を打っています。

2019年シーズンでは丸佳浩選手の加入で攻撃的な2番打者を務めることもあり、時には4番を打つこともあります。

リストが非常に柔らかく、体制を崩されながらも簡単にヒットゾーンに飛ばすことが出来る選手で、またインコースに強く、広角に打球を飛ばすことができ、近年ではホームランの数も増えています。

2016年には首位打者のタイトルを獲得しています。

  • 2年目の2008年シーズンには全試合出場
  • このままのペースでいけば、2020年に2,000安打達成予定(NPB史上最速)
  • 2018年にはセリーグ最多「10」の敬遠。その年の打率は.345をマーク

守備

高校時代からショートを守り、入団後2年で当時のレギュラーであった二岡選手からその座を奪取します。
当時の坂本選手の守備は失策が多く、下手な部類に入る選手でした。(2008年から2011年まで最多失策)
しかし、2015年あたりから守備が非常に上達し、2016年・2017年にゴールデングラブ賞を獲得しました。
  • 最多失策は6回
  • 宮本慎也氏、井端弘和氏の指導で一気に伸びた説

走塁

坂本選手は足も速く、プロ12年間で8回、10盗塁以上を記録してます。
(盗塁王はなし)
走塁技術も高く、特に本塁でのクロスプレーで巧くベースタッチをして生還するケースもよく見かけます
  • 本人の走塁意識は「常に次の塁を狙う気持ちは忘れないようにしている」
  • 足が速いので守備範囲が広く、深いフライでもガンガン追いに行く

身に着けている野球用品

グローブ

坂本選手はミズノのグローブを使っていますが、プロに入った当初は久保田スラッガーのグローブを使用していました。

宮本慎也氏のアドバイスにより、ミズノのグローブを使用するようになりました。

グローブのウェブ部分は「Hベルト型」です。

少年軟式 坂本勇人モデル グローブ
created by Rinker

バット

 

バットは高校時代からSSKを使用しており、カラーは「木」もしくは「木×黒」の2種類を使用しています。

バットだけSSKを使用する選手はプロ野球でも結構多いと思います。

軟式木製バット 坂本勇人モデル
created by Rinker

バッティンググローブ

 

バッティンググローブはAdidasで、白を基調とし、アクセントカラーでレッド系が入っています。

アディダス 両手用 バッティンググローブ 坂本勇人モデル (高校野球対応カラーあり)
created by Rinker

2019年の年俸は?

坂本選手の2019年時点での推定年俸は「5億円」です。

これまでの貢献度や成績を見ても、これくらい貰えるのは当然でもある選手だとは思っています。

本人曰く、メジャーには興味はなく、FAも行使できますが「生涯ジャイアンツ」を公言しています。

まとめ

坂本選手は人気球団のジャイアンツ所属ともあり、坂本モデルの野球道具はかなりの人気があるそうです。