最新の週刊ベースボールがスマホで読める! 今なら31日間0円

スイッチヒッター(両打ち打者)のメリット・デメリットについて考える。

野球をやってきた人のほとんどの醍醐味はやはり打撃ではないかと思います。打撃練習は楽しいと思う人が多かったはずです。

その打撃ですが、右打ちか、左打ちの2通りしかありません。生まれつきである利き手の影響で投げる方も、打つ方も気が付いた時にはどちらかになっているケースがほとんどです。

ですが、近年の野球においてプロ野球はもちろんですが、学生野球でも左打ちが多くなっています。その理由としては打つ場所から考えて一塁まで近いことから内野安打などがうまれやすいということや右投手が割合として多いということがあげられます。

元々右打を左打に変えたという選手が多いので、実際は両方で打つことができるのでその特性を生かし、両打ちバッター(スイッチヒッター)をしている選手も見かけます

今回はそんな、両打ちバッター(スイッチヒッター)について、メリット・デメリット含めてまとめてみました。学生野球をやっている方は特に参考にして頂けると嬉しいです。

スイッチヒッターとは?

野球の打撃においてほとんどの選手が右打ちか左打ちを選択していますが、まれにスイッチヒッターがいます。

両打ちバッターは、投手よって打つ方を決めているのがほとんどです。右投手であれば左打ち、左投手であれば右打ちで打席に立ちます。ボールがその方が見えやすいということですね。

特に左打者を左投手から投げられる投球が自分から離れていくのボールになるので打ちにくいと言われています。右の場合も同様なことは言えるのですが、右投手が多いことから左投手の場合に比べあまり問題視はされていません。

スイッチヒッターのメリットは?

スイッチヒッターのメリットと言えば右投手、左投手どちらも苦にしないというのが最大のメリットではないかと思います。

特に左投手を苦にしている左打者は多い傾向になります。左投手の場合でも比較的打ちやすいとされている右打席に入ることになるので、左投手を苦にしない点は両打ちバッターならではのことになります。

また、右投手の方が一般的に多くいるので、左打席の機会が多くなります。そう考えると、塁に近くなるので内野安打なども多くなるのでメリットがあると言えます。

スイッチヒッターのデメリットは?

デメリットで言うとあまりないとは考えられますが、右打ち、左打ちで練習を他の選手より多くの練習量をこなさなければいけないことが考えられます。自分の特性として両打ちを選択したので仕方のないことかも知れませんが、倍の練習をしないといけないのは大変ですよね。

歴代のスイッチヒッターをピックアップ

松井稼頭央 選手

松井稼頭央選手は2018年まで西武、MLB、楽天でプレーしていた選手でした。全盛期は本当に素晴らしい選手で、2002人には両打ちバッターとしては初のトリプルスリー(3割30本30盗塁)も達成しています。

トリプルスリーと言えば、ヤクルトの山田選手が達成したことでも有名ですね。少し話が脱線しますし、松井選手が達成している訳ではありませんがフォーティーフォーティーという記録もあります。

一般的には両打ちバッターだとそこまで長打力はない選手が多いですが、松井稼頭央選手はまさに規格外であったと言えます。俊足で長打力もあり打って走って守れる名選手です。

西岡剛 選手

西岡剛選手もスイッチヒッターとしては素晴らしい成績を残している選手です。とにかく足が速いイメージがありますよね。西岡剛選手は2010年のロッテ時代に両打ち、内野手選手としては初となる200本安打を達成しています。

2011年からは2年間戦いの舞台をメジャーリーグに移しましたが、ケガなどもあり思うような活躍はできませんでした。2013年からは阪神タイガースでプレーしていますが、日本プロ野球に復帰後もケガなども重なり力を発揮できていないのが現状です。