最新の週刊ベースボールがスマホで読める! 今なら31日間0円

新品の野球グラブは湯もみ型付けをするべき? メリットとデメリットを調べてみた。

湯もみ型付けとは?

湯もみ型付けとは、グラブを適正な温度のお湯に浸け、革を伸ばしやすい状態にします。
そこから、硬くなっている箇所を揉みこんで柔らかくしたり、グラブハンマーでグラブに型付けをする方法です。

https://athlete-goods.info/wp-content/uploads/2019/03/photo13.png
Q児

大事なグラブをお湯につけて大丈夫なの!?

https://athlete-goods.info/wp-content/uploads/2019/03/photo3.png
A太

もちろん! 今では湯もみ型付けは最もポピュラーな型付け方法なんだよ。

湯もみ型付け以外にも蒸気で革を柔らかくする「スチーム加工」と呼ばれる技法があります。

https://athlete-goods.info/wp-content/uploads/2019/03/photo13.png
Q児

お湯に浸けるだけで柔らかくなるの?それだったら家でも出来るんじゃない?

https://athlete-goods.info/wp-content/uploads/2019/03/photo3.png
A太

お湯につけるだけでなく、事前にグラブを解体したり、オイルを注入したりするんだ。

https://athlete-goods.info/wp-content/uploads/2019/03/photo13.png
Q児

単純にお湯につけるだけじゃないんだね!

https://athlete-goods.info/wp-content/uploads/2019/03/photo3.png

そうなんだ。湯もみ型付けは多くの工程を経て、完成されるんだよ。

湯もみ型付けの目的はグラブを柔らかくすることが目的ではなく、「使いやすくする」ことを理解しておきましょう。

実際の湯もみ型付けの作業内容

湯もみ型付けはこれといったマニュアルはなく、職人さんによっては作業内容が異なることがあります。
また、作業内容を非公開にされている職人さんもいるくらいですので、相当なこだわりや真似されたくないことも窺えます。

実際の作業内容を動画サイトにアップされている職人さんもいらっしゃいますので、ぜひご参考にされてはいかがでしょうか?

湯もみ型付けを推奨するケースとしないケース

https://athlete-goods.info/wp-content/uploads/2019/03/photo3.png
A太

湯もみ型付けは全員におすすめできるものでもないんだ。

https://athlete-goods.info/wp-content/uploads/2019/03/photo13.png
Q児

えっ!そうなの!?

https://athlete-goods.info/wp-content/uploads/2019/03/photo3.png
A太

下記に推奨できるケースとそうでないケースに分けてみたよ。

推奨できるケース
  • すぐにグラブを使える状態にしたい
  • 型付けがうまくできる自信がない
  • 草野球などでの使用で、グラブを柔らかくする時間がない
推奨できないケース
  • すでに型がついている(革が柔らかくなりきっている)
  • 自分で型付けをしたい
https://athlete-goods.info/wp-content/uploads/2019/03/photo13.png
Q児

野球部に入っているからね!毎日グラブを触ることが多いから必要ないかも!

https://athlete-goods.info/wp-content/uploads/2019/03/photo3.png
A太

逆に大人など、趣味で草野球などをしている人は柔らかくなるまで相当時間が必要になるだろうね。

仕事をしつつ、野球をされている人はどうしてもグラブを馴染ませる機会や時間が限られています。
そういった方にはすぐに使えるよう、湯もみ型付けを依頼しても良いかもしれません。

しかし、すでに使用中のグラブは程度にもよりますが、あまりおすすめは出来ません。
まだ、革がある程度硬い状態であれば可能だと思いますが、すでに柔らかくなりすぎたグラブに湯もみをしても、大した効果が得られないとも言われています。

メリットとデメリットは?

湯もみ型付けには賛否両論があります。そこで湯もみ型付けのメリットとデメリットをまとめてみました。

湯もみ型付けのメリット

  • 型付け後、すぐに使用できるレベルまで仕上げてくれる
  • グラブの性能を限りなく引き出してくれる
  • グラブケアのマニュアルやオイルをもらえることも

湯もみ型付けのデメリット

  • 色味が強いグラブだと若干滲んだり、色落ちする
  • 思っていた型とは違う場合がある
  • 作業開始後のキャンセルは原則不可
否定派の多くは、「湯もみ型付けはグラブに何かしらの手を加えることから、寿命が短くなる」という方が多いようです。
湯もみすることによってグラブ内の油分が落ちることは確かです。しかし、型付け後にグラブオイルを塗ることで革はしっとり馴染みます。
私のグラブは湯もみをしてから7年ほど経ちますが、まだまだ活躍してくれています。
大事なのは「日々のメンテナンス」です。メンテナンスをしっかりしてやればいつまでもいい状態で使い続けることができます。

値段や納期は?

Google検索などで「湯もみ型付け」と調べると、全国中の湯もみ型付けを行っているスポーツショップがヒットします。
中には湯もみ型付け専門のショップさんも存在します。
https://athlete-goods.info/wp-content/uploads/2019/03/photo13.png
Q児

湯もみ型付けってどれくらいの料金が必要なの?

https://athlete-goods.info/wp-content/uploads/2019/03/photo3.png
A太

相場は3000円~5000円くらいだね。新品のグラブを購入すると、特典として無料でやってくれるショップもあるよ。

https://athlete-goods.info/wp-content/uploads/2019/03/photo13.png
Q児

預けたら、どれくらいで完成するんだろう?

https://athlete-goods.info/wp-content/uploads/2019/03/photo3.png
A太

ショップごとの受注にもよるから何ともいえないけど、大体1週間から2週間程度かな。

納期はショップによってバラバラで、不安な場合は事前にショップさんに確認しましょう。

また、グラブの型の好みは人それぞれです。どのような仕上がりになるかは完成後にしかわかりませんが、依頼するときに要望を伝えることは出来ます。
ポケットは深めに」「全体を柔らかめに」など、自分のこだわりを遠慮なく伝えましょう。
軟式用と硬式用で値段や納期を分けているショップもあります。

おすすめのショップや職人さんは?

https://athlete-goods.info/wp-content/uploads/2019/03/photo13.png
Q児

近くに湯もみ型付けをしてくれるショップさんがいないや・・・

https://athlete-goods.info/wp-content/uploads/2019/03/photo3.png
A太

心配しないで大丈夫。インターネットで受け付けてくれるショップもあるから落ち込むことはないよ。

https://athlete-goods.info/wp-content/uploads/2019/03/photo13.png
Q太

インターネットで依頼するのは少し不安だな・・・グラブが返ってこないなんてないいよね!?

https://athlete-goods.info/wp-content/uploads/2019/03/photo3.png
A太

それも心配ないよ。これから紹介するショップさんは実績のある有名なショップさんばかりなんだ。

湯もみ型付けは近くのスポーツショップやインターネットで依頼することが出来ます。
近くに湯もみ型付けを行っているショップがあればその店に依頼してもいいでしょうし、ない場合はインターネットで受け付けてくれるショップもあります。

そこで、インターネット受け付けを行っているショップを調べてみました。

型付け工房

型付け工房

湯もみ型付け専門のショップさんです。私も一度だけ、新品の軟式グラブを湯もみ型付けしていただきました。不安しかなかったのですが、想像以上に素晴らしい型付けを施していただきました。

蛍光色の強いライムイエローだったのですが、色落ちや滲みもほとんどありませんでした。初めて手にした時に感じた、「手に吸い付く感覚」は今でも忘れられないですね。

型付け工房さんの特徴
  • 数少ない湯もみ型付け専門
  • 軟式は3,800円 硬式は4,500円 から
  • 納期は約8日程度
  • 施工実績は13,000件と専門店ならではの確かな実績

型付け工房さんでは「お客様の声」も随時掲載されています。
※グラブの持ち込みは出来ないとのことですので、必ず宅配便でお送りください。

今すぐ依頼する

スワロースポーツ

スワロースポーツ

東京都練馬区にある野球用品専門店のスワロースポーツも湯もみ型付けを行ってくれます。ネットショップにかなり力を注がれており、楽天やYahooショッピングにて、格安で野球用品が買えます。

スワロースポーツさんの特徴
  • スワロースポーツ独自の型付け製法
  • 料金は一律3,000円(税抜)
  • 納期は約7~9日程度
  • 湯もみ型付け後の未使用グラブも販売している

ベースボールショップGTK

ベースボールショップGTK

香川県にあるベースボールショップGTKは、西武ライオンズのグラブ担当を12年務められたグラブ職人・寺上氏による野球用品専門店です。
また、久保田スラッガーのグラブを数多く販売しており、オーダーグラブの作成、ラベル交換も行ってくれるショップさんでもあります。

クラブシミュレーターを試してみる

ベースボールショップGTKさんの特徴
  • 久保田スラッガーなら間違いなくここ!
  • 料金は一律5,000円(税抜)
  • 納期は要ショップ確認
  • グラブ購入で湯もみ型付け無料サービスも

今すぐ依頼する

まとめ

今では当たり前となった湯もみ型付け。前述でも少し書きましたは、覚えていただきたいのは柔らかくすることが目的ではなく、「使いやすくすること」。 使いやすくする一環としてグラブを柔らかくしているだけなのです。

はじめは抵抗があるかもしれません。しかし、グラブ職人さんの熟練した湯もみ型付け後のグラブを手に取れば不安は感動に変わることでしょう。

ぜひ今回の記事をご参考にしていただき、素敵な野球ライフを満喫してください!